一本のインプラントを入れるのに、どのく

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは違います。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。
なので、MRI検査には影響ないと考えてください。長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ