インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。
典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。この治療の費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ