インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属ア

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ