インプラント治療は、まず何が大切か

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ