海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべき

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ