インプラント治療はどのような流れかと

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。
インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ