耐久年数は原則的には一生持つとされています

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。
口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
これは重要な事実です。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ