インプラント埋入手術とは、人工歯根を

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ