歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大き

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。
それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくという手段もあります。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。
できる限りの情報を手に入れるしかありません。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。
手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。
インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ