歯科治療の中で、インプラントとクラウンの

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。
費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。
ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けることも考えるべきです。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ