欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、イ

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。
まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ