インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいこ

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ