入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラ

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技を欠かすことは出来ません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。
しかし、留意すべき点もあるのです。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。
高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ